神戸/西宮/姫路/大阪でPTA講演会講師の実績が多々あり、PTA講演の講師としても現場から信頼があります。神戸/西宮/姫路/大阪で活動中。

メンターマネジメント協会  
   

神戸・西宮・芦屋・姫路・大阪・名古屋などのPTA講演会講師依頼

PTA講演会講師神戸大阪姫路の講師依頼

有資格者

PTA講演会講師神戸エリア

PTA講演会・研修などの実績

PTA講演会講師神戸大阪姫路の実績

個別カウンセリング

PTA講演会講師による個別カウンセリング

講演会講師による子育て広場

PTA講演会講師神戸の子育て広場

組織について

PTA講演会 講師による組織

RSS

成長を促す子どもの上手な叱り方

カテゴリ : PTA講演会
PTA講演会講師として、6月26日に、揖龍幼稚園・子ども園PTA代表会員並びに幼稚園長・子ども園長のみなさまに
「成長を促すこどもの上手な叱り方」の講演をさせて頂きました。

ちょうど関西が梅雨入りした日で、これから外遊びができない子どもたちのエネルギーが室内で爆発すると、親も先生も大きな声で怒ったり、注意する日が増えていきます。さて、そんな時に、どのように子どもに関わっていけばよいのか。実際、親と子になっていただいて、効果的な叱り方やそうでない関わり方などのロールプレイをして頂きました。
みなさん、恥ずかしかったり、戸惑われながらも、真剣に取り組んで下さった結果、気づかれたことや感じて頂けたものが多かったようです。

感想を抜粋させて頂きます。
*ちょうど8歳、5歳の子どもがいて、ゲームの叱り方など、とーっても話せる良い機会でした。
*ロールプレイで、ペアになって”やってみる”のは、難しかったけれど勉強になりました。
*”叱る””怒る”の区別をつけて関われるように意識していきたいと思える機会になりました。
*幼稚園の子どもと教師の関係性においても大切と思うような内容で、大変参考になりました。園でも伝えていきたいと思います。
*普段、子どもには”叱る”というより”怒る”ことばかりでした。でもそれでは子どもには親の思いが全く伝わっていない。一方通行なんだということに気が付きました。 だからといってすぐに実践するのは無理だろうとけど、いつも心の片隅に、今日の講演での言葉を覚えておいて、感情で怒ってしまった時は、ひとつでも子どもに寄り添える言葉をかけてあげようと思いました。本日はとてもすばらしい、心がすーっと洗われる講演をありがとうございました。

担当講師:1級ホルダー 内田潮路

 
          たつの幼稚園  
2019-07-08 09:58:49

子ども達の心に響く叱り方

カテゴリ : PTA講演会
 
講演会講師として雲雀丘学園様からご依頼をいただき、6月7日に兵庫県私立小学校連合研修会にて各校の先生方に向けて「子ども達の心に響く叱り方」と題してお話をさせていただきました。
 
「叱り方検定」で主に企業様向け(大人向け)にお伝えしている内容を、子ども向けに少しアレンジしてお伝えしましたが、基本は同じ。
 
「叱り」の目的である「子どもが主体的に改善できるよう、成長を見守ること」を踏まえた上で、「感情で怒る」「理詰めで説教する」という効果的ではない関わり方や「尊重して向き合い、未来へ繋げる」という効果的な関わり方を、二人一組でのロールプレイを通して体感していただきながら進めました。
 
そんな中、最近ではハラスメントや体罰などの事件が多く報道され、先生方も日ごろとても意識して子ども達と関わっておられる様子が伝わってきました。
 
発達途上の子ども達を相手に「1対多」で日々関わっておられる中で、一人ひとりにどれだけの時間が割けるか・・・という厳しい現実もあるようですが、ご自身の日々の関わりを振り返り、参考になるポイントがあったとのお言葉をいただきました。
 
ご参加のみなさま、ありがとうございました。

担当講師:1級ホルダー 山本伸子

 
            講演会資料  
2019-06-12 09:02:39

子どもの成長を促す「効果的な叱り方」

カテゴリ : PTA講演会

PTA 講演会として、大阪府貝塚市教育委員会からご依頼をいただき、講師を務めさせてい
ただきました。
同市では、子育てに関する研修会として、市内の小学校PTA 合同で毎年さまざまな勉強会
を実施されています。表題に関心を持ってくださった方が多く、たくさんのお申込みをいた
だき、当日急きょご参加くださった方もいらっしゃいました。また、事前にお受けした子育
ての悩み、お子さんに対する叱り方に関する質問もたくさんいただきました。

「つい感情的になって叱って後で後悔する」「兄弟間で比べて叱ってしまう」「上手な叱り方
を学びたい」という方が多く、親の役、子の役を体験してもらうロールプレイングをさせて
いただきました。

皆さんにロールプレイングを実践していただく前に、講師が前でよくやってしまいがちな
「あまり効果的でない叱り方」のデモンストレーションをさせていただいたのですが、「私、
同じこと言っている」という声も出て、ご自身の叱り方を客観的に見つめていただいたよう
でした。そして、「あまり効果的でない叱り方」「効果的な叱り方」をロールプレイングで体
験していただくと、みなさん、口々に感想を述べられ、だんだん納得のいく表情に変わって
いかれたのが印象的でした。

以下のような感想をいただきました(アンケートより一部抜粋)
☆子供の事ばかりでなく、自分の行動も見直して、親子で成長したいと思いました。もっと
 子供の思いを聴き、自分の態度も改め、一緒に改善していくようにしてみようと思います。
☆感情的に叱られても、身に入らず、記憶にも残らず、理詰め説教をされても、うるさいと
 いう思いが湧いて、結局反感しか生まれませんでした。大変参考になりました。
☆小学生のうちに子供とより良い関係を作っておこうと思いました。また、自分で考えさせ
 ていなかったので、考えさせるようにしようと思いました。
☆私の怒り方の出方ひとつですごく変わるなと思いました。一方的に自分の感情をおしつ
 けてしまうのは、自分がすっきりして子供のことを考えれていないなとハッとしました。
 子供の声を3 分でも聞いて、寄り添ってあげようと思いました。

担当講師:1 級ホルダー 土元紀子

 
         講演会写真  
2019-03-07 21:40:13

自分で考えて、自分で決める子を育てる親の関わり方

カテゴリ : PTA講演会
講演会講師として、私立親和中学校(中高一貫の女子高)のご依頼で昨年の2学期に引き継ぎ、3学期にもご依頼を頂き、今回は私が講師をさせて頂きました。
 
思春期を迎え、私達、親の心配も多種多様になってくる時期かと思います。
例えば、今問題になっているスマホとの付き合い方もその中の一つではないでしょうか?
子ども自身も、色々な事情もあるとは思いますが、中には触らないではいられない様な状況になっている事もあるのではないでしょうか。
スマホに限らず、これから先も色々な事が目の前に現れて来る事と思います。
子ども自身が、自分で考え自分で決める(自己管理)力を付けるために、今回は自己管理を育む問いかけをワークで、実践して頂きました。
 
①   現実を知るための問いかけ  ②目指す姿をイメージして貰う問いかけ
②   行動(スモールステップ)出来る様な問いかけ   等
 
一度や二度ではなかなか上手く行かない事があると思いますが、何度も繰り返していくうちに、この様な思考を身に付きけて頂き、問題を解決していくヒントにして頂ければ幸いです。
 
参加して下さった皆様、ありがとうございました。
 
担当講師:1級ホルダー 木村光江

               レジュメの一部 ↓
 
          講演会レジュメ  
2019-03-06 17:16:17

思春期女子とのコミュニケーション術 ~見守る・伸ばす・支える~

カテゴリ : PTA講演会
講演会講師として、私立親和中学校(中高一貫の女子校)のご依頼で、保護者を対象にしたセミナーに登壇させていただきました。
 
テーマは思春期のお子さんとのコミュニケーション。
 
急に口数が少なくなった子どもに気を揉んだり、辛辣な一言に思わずカッとなったり・・・。思春期は親にとって、心穏やかではいられないことの多い時期です。
しかしそれは、見方を変えれば、親子関係を見直す好機でもあります。
 
小学生の頃、特に中学受験のときは、親が「指示する・解決してあげる・お膳立てする」という調子で、親子二人三脚で乗り切った方も少なくなかったと思います。
 
しかしこれからは、子どもが自立していけるように、親の役割や立ち位置を「見守る・伸ばす・支える」へと切り替えていくことが必要です。
 
程よい距離感を保ち、成長をサポートしていくには、どのような意識でどうコミュニケーションを取っていくことが望ましいのか。この時期の女の子に起こりがちなトラブルを踏まえながら、ワークを交えて体感的に理解していただきました。
 
以下のような感想をいただきました(一部抜粋)。
 
☆学校生活のことをあまり話さないので心配でした。
 聞いているつもりでも、娘の話をしっかり聞いていないと気づかされました。
 答えを与え過ぎず、寄り添うように支えたいと思います。
 
☆娘の友人関係のことが気になっていました。
 コントロールできること、できないことを知ることができました。
 とても具体的なやり方を教えていただいたので、やってみようと思います!
 
☆どうしたら娘が自立に向けて歩んでいけるのか悩んでいました。
 まず会話をするときに「未来肯定」するように気を付けていきたい。
 プラスの声かけ、見守ること、心に留めて娘と過ごしたいと思います。
 
担当講師:1級ホルダー 法貴かおり


 
            
2019-01-09 09:50:18

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

おすすめ情報

PTA講演会 神戸での講師勉強会
 
PTA講演会 講座講師子育て風景
 
PTA講演会などの講師として役立つ資格 神戸 協会入会
 
メンターマネジメント協会
 
PTA講演会などの講師として役立つ資格 神戸 個人情報
 
子育てに役立つ情報
 
 きだちゃんリンク
 
 のぶちゃんリンク
 
 かおりちゃんリンク